トップ > クラシック音楽 > アルフレッド トリタン

アルフレッド トリタン

 

 1850年よりブジー村に続くヴィニュロンの家系で、1930年に、アルフレッド・トリタンがRMを設立して自社ビン詰めを開始。2000年より、6代目ジャン・リュック・ウェベール=トリタンが運営しています。
 所有畑面積はブジーに1.62ヘクタール、アンボネイに1.09ヘクタールというミクロRMで、ジャン・リュックの継承直後から、実質ビオロジックの厳格なリュット・レゾネ栽培を実践。2015年から完全ビオロジック栽培に移行しています。
 「ブジーとアンボネイという、モンターニュ・ド・ランスを代表するグラン・クリュ畑を継承する幸運に恵まれました。畑の面積が小さいことは、ビジネス的にはデメリットですが、品質的には大きなメリットになります。私は、私の畑のぶどう樹1本1本の特性がすべて頭に入っています。ぶどうの一粒一粒は、ぶどう樹たちが恵み与えてくれる命の結晶であり、「美味しいシャンパンになってほしい」というぶどう樹たちの願いに応えるためにも、一粒一粒厳しく選果することをフィロソフィーとしています(注:シャンパーニュでは選果は極めて珍しい)」。
 「ブジーは南向き斜面で表土の粘土層が厚く、濃厚で芳醇なシャンパンを生むテロワールです。アンボネイは南東向き斜面で、薄い粘土層の下の白亜質が実質的な土壌であるため、繊細でエレガントなシャンパンとなります」。
 夫婦のような補完関係にあるこの2つのグラン・クリュのフュージョンは、実際に夫婦間も親子間もとても仲の良い、この家族の姿と重なります。果実味、酸、ミネラル、コクといったあらゆる美味しさの要素が1本のボトルの中で響き合い、荘厳な多重和音を奏でます。